当たり外れの大きい居酒屋のアルバイト

大学生の時にホールスタッフのアルバイトをしましたが、接客が自分にとってみて非常に合っていて楽しかったです。

当たり外れの大きい居酒屋のアルバイト

アルバイトのホールスタッフは自分にとって楽しい仕事でした。

私は大学生の時にホールスタッフのアルバイトを経験しました。ホールスタッフのアルバイトは、自分の自宅から非常に近い所にファミリーレストランが新しく建てられたことがきっかけです。新しいお店で働けるワクワク感となんとなく接客業がやってみたいというのが一番の理由です。接客業が合っているかなと思っていたのは、高校生の時にテニスで鍛え上げた筋肉があるからです。それなので動く事が非常に好きでしたし、動いてお金になるのならこんなにいいことはないと思いました、私はこのファミリーレストランの仕事の中で、キッチンのスタッフでも洗い場のスタッフでもなく、ホールスタッフの仕事を選択して、応募したのです。

そしたら見事ホールスタッフの仕事に採用されることになりました。ホールスタッフの仕事は、やはり接客がメインです。接客がメインですので、やはり接客はお客様の笑顔を作り出すことが一番の仕事になります。私はいつでも自分も笑顔を絶やさず、そして温かい料理を迅速に提供することを心掛けて働く事にしました。この笑顔を絶やさず働く事がいかに大変かをおもいしらされたのですが、この笑顔を絶やさずにいられたのは、お客様が笑顔でありがとうと答えてくれるから、自分も笑顔で働いてこられたのだと思います。こうやって私は自分自身が楽しくホールスタッフの仕事を出来てることがわかり、自分自身にとってみても、この仕事が自分に合っているのではないかと感じましたので、このアルバイトをやって良かったと思っています。