当たり外れの大きい居酒屋のアルバイト

ホールスタッフのアルバイトは、いろいろと不安や難しさもあるけど、人間観察をするにはうってつけの場所だといえる。

当たり外れの大きい居酒屋のアルバイト

慣れれば楽しいアルバイトのホールスタッフ

アルバイトと一口に言っても種類はあるが、求人に載っているのはたいていチェーン店のホールスタッフのアルバイトなのではないだろうか。実際のところ、飲食店に行って店員さんと接した時に、アルバイトだった、というのが大抵だと思う。学生の頃はよく応募する仕事だろうと思うが、ホールスタッフの仕事は臨機応変に立ちまわらなければいけないし、人間も色々いるもので怖い客を相手にしなければいけない、という不安もある。もちろん、そうした難しさがあることは確かだ。ただ、アルバイトをするなら是非やってみてほしい仕事であることも事実である。

たとえば、飲食店などは一日に100人近くの客をもてなさなければならない。この時点で、相当な数の人間と接することができるのだ。仮に高校のクラスの人数が40人と見積もってみれば、倍以上の人間と接する事が出来る。もちろん、同じクラスの人間ほど濃密に接するわけでもないが、中には常連の客もいるだろうから、それに近い付き合いをすることにもなる。その人がどんな風にお昼を過ごすのか、それだけでも千差万別で、人間はこんなにも色々な仕草を取れるのか、と思うことが出来るから、非常に人間観察をするにはうってつけなのだ。

人間観察をするほどの余裕が出来るまでには時間がかかるだろうが、仕事に慣れれば必ず余裕は出来る。多くの人間を知ることで、これから知りあう人に対するふさわしい対応することが出来るという点で、ホールスタッフは社会勉強にうってつけの場所といえるだろう。

話題になっているこのネタ、下記のホームページがおすすめ。